修理の歴史

手の上のネットワーク

コピー機の修理サービスは主に業務用で行われています。 定期的に設置場所に訪問してメンテナンスやインク交換などを行っています。 メーカーから直接専門の担当者が出張してきます。定期点検以外にもコピー機の故障時などには修理にかけつける体制になっています。オフィスで使用されていますコピー機は使用頻度も多く消耗部品を中心に定期的な点検や修理が欠かせません。ビジネスの現場で万全の状態でコピー機を使用する為にメーカーでは古くから出張点検を実施して来ました。FAX機能なども併せ持つ複合機などは価格も高価であるため日々のメンテナンスや修理が製品の寿命を決めることになります。このようなことからコピー機メーカーは販売だけでなくメンテナンスや修理の出張サービスを続けています。

コピー機は最近の企業ではリースをしているケースが多いです。そのため保守費用等はリース料に含まれていることが多く、修理も無料で対応してくれることが多いです。 しかしコピー機の修理でも部品がなかったりするケースもあります。その場合にはリース会社の強みでキープしている中古の機械を直ぐに手配して代替品として使用させてくれます。部品が届くまでの間使用できるようにセッティングして、部品が届き次第早急に修理して元のコピー機に交換してくれます。 そのようなことがあっても多くの企業は中古品コピー機を使用した期間に関してリース料を減額しろ等ということもなく、修理してもらった後も、その前と同様に普通に使用してリース会社とお付き合いしている企業が多いです。