会社で使う機器

電話機とモニター

ビジネスフォンは大きな会社ではリースで使い、できるだけ経費を安くおさえている所が多いですが、今後はどうなっていくのでしょうか。 そもそもリースのビジネスフォンというのは電話機自体が急激に変化することもなく、工事も頻繁に発生することもないので一番重要となるのは、貸し出してくれる会社との付き合いが長くなるので、業者との関係性がとても大切になると思われます。 つまり、故障した時の対応の仕方であるとか、料金や契約内容に関して変更が発生する場合の連絡や説明などをどれだけ丁寧にキチンとしてくれるか、あるいはサポートが十分にされていないとお客様が離れていってしまうので、人と人の付き合い方がポイントとなっていくでしょう。

ビジネスフォンをリースする場合に必ず契約を結びますが、どんな契約でも後々のトラブルが一番、お互いに気分が悪く嫌なモノです。ですから、トラブルを起こさないためにも契約をする際に気をつけなければならない点とはどんなことでしょうか。 それは、まずリースしたビジネスフォンの所有権はリース会社にあり、契約期間が終了した場合、今まで使っていたものは返却するのか廃棄処分するのかのどちらかになるのですが、その場合 どうしても会社側にそのまま残したいという場合は使っていた電話機を販売してもらい そのままそこのモノとして設置したままにできることもあります。 また、長期間 利用するものですからメンテナンスについても確認しておく必要があるので契約する場合は長期を頭においていろいろな場面を想定し理解した上で契約をしましょう。