進化した電話

マウスと資料

今まで存在してきた、電話線を使った、一般的な電話から、インターネット・プロトコル技術を応用したIP電話が、普及してきています。 これは主にインターネットを利用して、相互に通話ができるようにした仕組みのことで、導入時も運用時もコストが余りかからないというメリットがあります。 こうしたメリットから、特に企業の拠点間の内線電話として、注目されており、今後もこの分野では導入が進んでいくと予想されています。 さらに、過疎地域などにおいても、電話網の維持管理を考えると、IP電話のほうが安価になるために、過疎地域への導入が進んでいます。 携帯電話などで、どこでも通話ができるようになってきてはいますが、通常の電話の代替案として、IP電話は今後も注目されていくのです。

IP電話を導入するときには、今まであった電話網とは違ったことを、気をつける必要があり、その点を考慮して導入する必要があります。 まず最初に停電対策になりますが、これは一般的な電話と違って、どうしても電力が必要な機器で、構成されるからになります。 つまり停電時には、電力供給が止まるので、必然的にIP電話で通話ができなくなるということなのです。 よって電話をかける側も、無停電電源装置が必要となってくるのですが、これも携帯電話と合わせて利用することで、クリアできる課題になります。 また、インターネットという仕組みを利用するために、遅延や音質の低下も考えられますので、重要な通話を行うのであれば、帯域保証などのサービスも合わせて考えるべきです。 このような注意点はあるものの、十分にカバーできる課題でもありますので、IP電話は今後も選択肢に入ってくるのです。